電線・加工品
Cable & Assembly

標準長について

標準長については下図を参照してください

プラグの刃の根元からコネクタの端まで(図-1)が標準指示です。
プラグ、またはコネクタがL字型の場合は(図-2)が標準指示になります。
片端品であっても、ストレートタイプは(図-1)、L字型タイプは(図-2)となります。

(図-1)ストレートタイプ

(図-1)ストレートタイプ

(図-2)L字型タイプ

(図-2)L字型タイプ

図1 標準公差

(M) 公差(mm)
L < 1 +50 、 -0
1 ≦ L < 4 +100 、 -0
4 ≦ L < 7 +200 、 -0
7 ≦ L < 15 +400 、 -0
15 ≦ L < 30 +600 、 -0

図2 標準公差

(M) 公差(mm)
L < 1 ± 25
1 ≦ L < 4 ± 50
4 ≦ L < 7 ± 100
7 ≦ L < 15 ± 200
15 ≦ L < 30 ± 300


■標準アース線長

一覧に戻る